「起業」事体は簡単に出来る。

こんにちは。「ライフスタイリスト」のりょーたです。

さて、今日は「起業」というものについて、少し書いてみたいと思います。

まず、日本人の世界から見た起業に関する意識レベルの「立ち位置」を見てもらいましょう。

 

 

「多くの機会を得るために起業したい」と回答した日本人の若年層(18-24歳)は、

グローバル平均63.8%に対して28.3%

「スタートアップ企業で働きたい」と回答した日本人の若年層(18-24歳)は、

グローバル平均60.0%に対して30.4%だった。

これを見てもお分かりの通り、この国の国民は先進国でも稀に見る「起業意識」の低い人達なのです。

それはなぜかというと、「リスク」という危機管理意識が一際高い。

という点ともう一つ。

 

「起業」というものの「概念(メリットやデメリットや敷居について)」を教育されていない為、

欧米人のそれと全く違うからなのです。

 

どうしても、「起業」と聞くと「敷居やハードルが高い」、「危ない」、「ハイリスク」

という「イメージ」だけが先行しており、その事について「知ろうとしない」という人が

圧倒的に多い為、このようなアンケート結果に至るのだと僕は考えています。

 

僕のセミナーでは、「起業」とは、

「自ら業を起こす」というシンプルな意味合いなので、

「自分の力で稼いでみる」ことが出来たら、

まずは立派な起業の始まりですとお伝えしています。

 

そうです。

何も銀行から大金を借入れして、リスクをしょって会社を作り、オフィスを借りて、○○して、etc…

なんて、こんな事を始める前からしなければいけない事はないんです。

という事をまずはお伝えしたいと思います。

 

つまり、僕の定義としては、「ヤフオク」や「メルカリ」で転売をして、

ちょっとした収入を得る。

この行為も立派な「起業」に該当すると、言いたいのです。

 

起業には種類があります。

上記のような借り入れをして準備するステレオタイプな「起業」もありますが、

昨今では、「週末起業」、「スモール起業」など、

インターネットという最強のインフラが整っている為に、

「個人で稼ぐ(勿論、金額に差は出てきますが。)」為のサービスやツールがたくさん、

世の中に溢れてきていますよね?

つまり、「自分の力で収入を得る」ハードルは数年前と比較しても、

極めて低くなっているのが、今の時代です。

 

事実、

僕の周りでも、最近は仕事を1つしか持っていない人の方が少なくなってきています。

最近は特に、CtoC型のビジネスプラットフォーム(オークションサイトやアウトソーシング系等)がまさに、「個人起業家時代」の革命の序章かのように、増え続けています(笑)。

 

そう。

とにかく一番大切なことは、変な「心のブレーキ(妄想ハードル)」を外して、

「自分の力で稼いでみる」「決める」事から始めてみることを強くお勧めします。

 

実際にやってみて必ず、気づく事があります。

「自分の力で収入を得た」という実体験が、

「なんとも言えない感動と楽しさ」を生み出すことを。

 

そうです、「起業」とは「楽しい」ものなんです。

まずは、ポップに動いて見ましょう。

そして、動きながら考えて見ましょう。

 

「自分に何ができるか?」

「どんな才能を用いたら、お金を生み出せるか?」

 

最高に楽しい時間です。

 

何かしらのヒントになれば幸いです。