お金持ちに共通する「お金のIQ」とは?

こんにちは。

「ライフスタイリスト」のりょーたです。

 

今日は、ほとんどの人が分かっているようで「全くわかっていない」お金のお話について、

書いていきます。

 

なぜ日本人は「お金」というものに対する価値観や知識レベルが低いと言われているのか?

その答えは、先進国の中で日本が唯一、お金の勉強を「教育課程」に盛り込まれていない分野だからです。

 

その為、あまりにも稚拙な発想で、「お金は汚い!」「お金儲け=悪いこと」という、

諸外国の人間からしたら、恥ずかしいほどの発言を「平気」でしてしまう大人が多いのも日本人の特徴です。

 

経済大国でもあるにも関わらず、国民の平均生活水準や幸福度がかなり低いところでランキングされている理由は、

このお金に対する誤った「道徳教育」を植え付けられているから、と言っても過言ではありません。

 

したがって、「豊かになりたい!」と思う全ての人に必要な第一歩は、

まず「お金の性質と力」を知るという事と、「お金持ちの考え方を知る」という、

この2点を勉強する事をおすすめします。

 

そもそも、「お金」ってどんなイメージや意味付けをしていますか?

・生活のツール

・家族の為に必要なもの

・無ければ生きていけないもの

色々と出てくると思いますが、

 

世界的に有名なお金の本質を学ぶセミナー「Money&You」においては、

「お金=結果」

と言われています。

 

どういう事かと言いますと、

お金は「あなたが社会に対して貢献した度合い」の結果であるという事です。

つまり、「付加価値」の大きさ、ということです。

 

ボクのセミナーでは、「お金=付加価値の差額」と話していますが、

ほぼ近い意味です。要するに、「してもらった事(Take)と、してあげたこと(Give)の差額」という事です。

世の中のお金持ちと言われて居る人達をイメージしてみましょう。

 

超有名タレントやスポーツ選手は、多くの人に夢や希望という「付加価値」を提供しています。

お医者さんは、人の命を救うというとてもレベルの高い「付加価値」を提供しています。

大企業の財閥やオーナーさんは、多くの人の雇用を作り、彼らの生活を支えるという「付加価値」を提供しています。

もうお分かりかと思いますが、

それぞれ、「与えている価値(Give)や社会への貢献度」が高くありませんか?

 

その分、受け取るお金が高いのです。

これは経済の原理原則としても、当たり前の事実です。

 

なので、まずお話しを戻すと「お金=(どれだけ社会や人に貢献できたかという)結果」である、

ということがお分り頂けたと思います。

 

つまり、あなたがお金持ちを目指す場合は、

今よりも「より多くの人のお役に立つ」、「より多くの社会益を提供できる」人物にならないと、

お金持ちにはなれない。という事です。(シビアですが。。)

 

それでは、本題の「お金のIQ」というテーマについてお話ししますが、

その前にまず、世の中の富(お金)の50%は上位8人(たった8人です!)の人間が持っているという事実を知りましょう。

その8人は、こちらです。

 

1位:ビル・ゲイツ(マイクロソフト社創業者)

2位:アマンシオ・オルテガ(スペインの実業家。ZARA創業者)

3位:ウォーレン・バフェット(投資家)

4位: カルロス・スリム・ヘル(メキシコの実業家。中南米最大の携帯電話会社アメリカ・モビルを所有)

5位:ジェフ・ベゾス(Amazon.com創業者)

6位:マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)

7位:ラリー・エリソン(オラクル創業者)

8位:マイケル・ブルームバーグ(前ニューヨーク市長)

彼らの資産合計は、なんと4.26兆ドル(約4300兆円!!!!!)です。。。

想像しただけでメゲてしまいますが、、、

 

これが今の資本主義の実態です。

そして、資産が5,000万ドル以上の人種別グラフがこちら。

なんとそのうちの45%がアメリカ人なんです!!

100万ドル以上の富を持つ人々は世界人口の0.7%であり、世界全体の富の41%を持っているという事実。

1万ドル以下の富しか持たない人々は世界人口の68.7%であり、彼らの富は世界全体のたった3%に過ぎない。

 

この事実を、あなたはどう見るでしょうか?

これが世界規模で見た、「お金」の縮図です。

 

ボクが常々思っていることの一つに、「なぜある人のところにはお金が集まり、ない人には全くお金が集まらないんだろう?この差はいったいなんなんだろう?」という疑問がありました。

 

今はそれが明確に答えられるので、ここでそれを共有させて頂きます。

両者の明確な違いを決めてのは、ずばり、

 

「お金のIQ」の差です。

 

お金持ちに共通している事実はこのお金のIQと考え方が同じであるという点です。

そこを具体的に今日は書いていきます。

まず、お金のIQを示す指標は以下の5点です。

アメリカ人に富裕層が多いのはこれです。

この勉強をかなりしている民族がアメリカ人なのです。

 

1、お金の使い方

2、お金の稼ぎ方

3、金融と法律

4、人脈を作る方法(ノウハウ)

5、チームビルディング(組織化、システム作り)

 

今回は、その中で1「使い方」についてお話ししていきます。

使い方は大きく分けて3つしかありません。

1,  消費(消えて無くなる費用)

2, 浪費(無駄遣いで無くなる費用)

3, 投資(自分の成長に使う費用)

 

お金持ちの人が「共通」して行なっていること、その1は「投資」的なお金の使い方を増やす。

つまり、自己投資(自分の頭・知識への投資)を徹底的に行う。

ということです。

 

じゃあ、どんな使い方が投資なんですか?という質問があると思いますので、

お答えすると、投資的な使い方の基準は、

そのお金を使った事で、「自分の思考の進化・成長に紐づいているか?」というのが、

一つの指標になります。

 

つまり、具体的には、

必要な本を買って勉強する。(知識を買える)

色々なセミナーに参加してみる。(知識や人脈を買える)

コンサルタントにお金を払って時間を作ってもらう。(問題解決方法を買える)

ビジネスパートナーとランチをする。(知識やエネルギーを買える)

 

これらは全て、未来の自分にプラスな影響を与えてくれそうな「行動」に、

お金を使えているので、ボクからしたら素晴らしい「投資的」な使い方になります。

 

反対に、

洋服を買う

飲み会やコンパで使う

高い車や時計を買う

などは、悪くはありませんが、ほとんどの場合、

「自己満足」や「承認欲求」を満たす為の「消費・浪費」に近いお金の使い方なので、

可処分所得の大半がこれに消えてしまっている人は、

残念ながら5年後の人生も変わることはないでしょう。

 

そうです、たった1つの要素だけでもこのように、

「知って。実践していく。」それだけでもお金のIQは高まっていくものです。

 

では、このお金のIQのレベルを「普通の人間」がどうやったら、高めていけるのでしょうか?

今日はその答えだけをお話しして終わりにしたいと思います。

 

結論としては、2つです。

1つめは、「感情の書き換え」

2つめは、「お金持ちが集まる環境を手に入れる」

これだけで本当に大丈夫です(笑)。

 

1はどうすれば良いか?

これはここでは書ききれないので、いつもコンサルの中で行なっていますが、

まずは、「お金」というものに対するネガティブな感情を作り変えていく必要があります。

その為には、「口グセ(言葉)」を変えるということが、まず第一歩です。

詳しく学びたい方は、是非、無料面談(コチラ)にでもいらしてください。

 

2については、

過去の記事でも書いていますが、

人間は「環境適応動物」なのです。

したがって、お金持ちの考え方・価値観をコピーしたければ、

お金持ちと出逢えば良い。その為には、「お金持ちが集まる環境」との出会いが非常に重要です。

 

「そんな出会いが無いから困ってるんじゃないか!!!」

という方の為に、、、、、

 

手っ取り早くその環境を手にしやすいのは、ずばり「セミナー」に行く事をお勧めします。

 

経営者が、1回数十万、数百万円もするセミナーに喜んで出向く理由が分りますか?

 

そうです、そこには質の高い「情報」も確かに手にできるのですが、

一番付加価値が高いのは、そこに行く事によって「そこに来る人達とのつながり」を手にする事ができます。

 

これが一番大きいんです。

「人脈はお金では買えませんが、セミナーに行くことで手にする事ができる」という事です。

 

注意点としては、セミナーも玉石混交なので、選び方が重要です。

飛行機と同じです。

 

ファーストクラスに乗るような成功者と出会いたければ、

エコノミークラスではなく、あなたも「ファーストクラスに乗る必要がある」ということです。

 

勿論、初めのうちは参考までに参加するのも良いとは思いますが、

「無料のセミナー」に良い人材との出会いは無い!と、思いましょう(笑)。

 

ということで、本日は「お金のIQが豊かさを決める」というテーマで、

お話しさせて頂きました。

あなたの人生のスキルに是非、取り入れて見てください。