チャンスを逃したら、次はない。

 

こんにちは。「ライフスタイリスト」のりょーたです。

今日は、成功のきっかけ、いわゆる「チャンスを掴む」コツ、

について書いていきます。

 

ボクのプロフィールページにも書かせて頂きましたが、

人には生きていれば必ず1〜2度のチャンスがやってきます。

必ずです。

ただ2種類の人間に分かれるだけです。

「チャンスを掴む人」「チャンスを逃す人」です。

 

この違いが、どれだけ違う未来を創るか?

については、是非、「スライディングドア」という映画を観る事をオススメします(笑)

 

人生は、「選択」の連続です。

脳科学で言われているのは、1日に6万回も「行動」を選択をしているという事実。

 

この選択を「間違えない」ようにすることが、チャンスを掴む鍵となります。

 

ボクの尊敬する世界No.1コーチングの「アンソニー・ロビンス氏」曰く、

 

人は一体、何回目のチャレンジでそれを諦めるか?

という実験をしたことがあります。

 

何回だと思いますか??

 

答えはなんと、、

 

 

 

「0.8回!!!」

 

 

だそうです(笑)。

 

ボクは仕事柄あまり不思議には思えませんが、

一般の感覚からすると、「え??!!!!」という驚きの回答のようです。

 

そうです、ずばり人間は、「やりたいな〜やりたいな〜いつか。。。」

という「願望」だけで止まっている人が圧倒的に多く、それをチャレンジする行動、

つまり「はじめの1歩」を踏み出す勇気ある人が、極端に少ない。

そういうものなんですね。(笑)

 

なので、結局「チャンスを掴む人」とそうでない人との差は、

その「1歩目」が踏める人かどうか?

という点に尽きると、ボクは思っています。

 

一言で言うと、「ちょっとした勇気」ではないでしょうか。

 

なぜ、これが重要かというと、

「チャンスの神様」というのは逃げ足が早くかつ、「後ろ髪が無い」というので有名ですが、

本当に掴めないぐらいの「いきなりのタイミング」で来るというのが、ボクや周りの成功者の経験話でも、

よく話されます。

 

なので、その「いきなりのタイミング」にしかと掴めなければ、

次は来世になるかもしれない、ということです(笑)。

 

「棚からぼた餅」という言葉がありますが、

あれは、単に棚の下を「ボーッと。」歩いていたら本当にぼた餅をキャッチ出来ると思いますか?

答えは「NO」ですよね?

そうです、単に棚の下に居れば良いのではなく、

「キャッチできる準備しながら歩くこと」の必要性を説いているんですね。

 

つまり、人生で例えるならば、チャンスがふと降りて来ても、

それに「対応できる自分になっている」必要があるということです。

 

「チャンスを掴む人」は実は、そのような瞬発的なタイミングに応える事が出来る人。

というのが条件になります。

 

さて、あなたは、「チャンスに準備できていますか?」

 

こんな事できる?

こんな人知ってる?

君とこんなビジネスがしたいんだけどどう?

 

来た時に「YES!!!!」とすぐさま答えられるようになるには、

今から何を磨き、何を出来るようになっておけば良いのか?

 

是非、考えて見ましょう。

 

その為に、今「個人の力」が求められている時代があるんです。